トップ > Q&A・お問合せ

FAQ

お問合せ先
電力需給・電力システム・電気料金制度・原子力事故に対する損害賠償等に関するお問い合わせはこちら

03-3501-1511

(経済産業省 代表電話)

Q&A・よくあるご質問

今夏の節電のお願いについて

節電の期間はいつからいつまでですか?

7/1~9/30の平日です(お盆 8/13~14を除きます。)。
 
詳しくはこちらをご確認ください。

節電の目標値はどのくらいですか?

2015年度夏季は、「数値目標を伴わない節電」をお願いいたします。(節電にあたっては、需給の見通し上見込んでいる各電力管内の定着節電見込みを目安としてください。)
 
詳しくはこちらをご確認ください。

節電の目標値とは何に対しての目標ですか?

節電期間に該当する期間の、2010年度の使用最大電力の値からの削減をお願い致します。
(家庭のように、使用最大電力の値がわからない場合には、検針票に記載されている毎月の電力の使用量(kWh)を参考にしてください。)

節電ってなにをしたらいいの?

エアコンなら、いつもより冷房温度の設定を上げるだけで節電できます。ただし、除湿運転や頻繁なオンオフは電力の増加になることあがあるのでご注意ください。
その他にも、使っていない照明を消したり、テレビ、パソコンなど長時間使用しないときは、コンセントからプラグを抜くなど、ちょっとした心がけでも節電することができます。

家庭の節電対策でどれくらい節電できるの?

政府は家庭での節電対策について、目安の節電効果を掲載した「家庭の節電対策メニュー」を公表しています。
具体的には、在宅世帯における平均的な消費電力(1200W)に対し、
・エアコンを使用する場合は、28℃を目安として、設定温度を2℃上げることにより10%
・エアコン使用する場合、窓などに「すだれ」や「よしず」を設置し日差しを遮っていただくことにより10%
・扇風機をご使用いただき、エアコンのご使用を控えていただくことにより50%
・冷蔵庫の設定を強から中にしていただき、扉の開ける時間と詰め込む食品を最小限にすることにより2%
・日中は照明を消して、夜間も照明をできるだけ減らしていただくことにより5%
・長時間使っていない電気製品のプラグはコンセントから抜いていただくことにより2%
といった効果が見込まれます。(北海道電力管内についてはこちらをご参照ください。)
 
※熱中症や食品の傷みなどにご注意ください。
 
家庭の節電対策メニュー(東北・東京・中部・北陸・関西・中国・四国・九州)(PDF形式:151KB)をダウンロードする
家庭の節電対策メニュー(北海道)(PDF形式:269KB)をダウンロードする

エアコンを我慢すれば節電できますか?

エアコンを我慢するなど過度の節電は、熱中症の原因となり健康を害する恐れがあります。上手に対策を組み合わせて、無理のない範囲での節電にご協力お願い致します。

もっと節電について知りたい

いつ節電すればいいですか?

7月から9月は冷房などにより電力需要が増加します。この期間は1日を通じた節電を心がけつつ、特に日中(9~20時)の節電をお願い致します。

節電に協力しなかった家庭には、何らかのペナルティが発生するのですか?

ペナルティは発生しませんが、各電力会社管内で設定しております目標値の節電に向けて、何卒ご理解・ご協力をお願い致します。

W(ワット)とWh(ワットアワー)の違いは?

電気製品の本体や説明書には、kW(キロワット)やW(ワット)という表記と、kWh(キロワットアワー)やWh(ワットアワー)という表記があります。
キロワットやワットは家電を動かしたり、照明を点灯させたりする力の大きさを示めすもので、瞬間の使用電力を表す単位になります。
キロワットアワーやワットアワーは、ワットやキロワットに時間をかけたもので、使用電力量を表す単位になります。

家庭の電力ピークは何時ころですか。また、その対策は?

工場や事業所を含めた電力全体のピークは、13時から16時ごろになります。
まずは、この時間帯の節電にご協力をお願い致します。
なお、ご家庭の電力需要は、16時ころから増えはじめ、20時ころまでがピークの時間になります。
夜間は照明やテレビの使用電力が増加するため、これら機器の対策が効果的になります。

どんな電気製品が消費電力が高いのですか?

一般的に、電気を熱に変える製品の消費電力が多くなります。具体的には、IHクッキングヒーター、電子レンジ、ジャー炊飯器、アイロン、ヘアドライヤーなどです。これらの機器は比較的短時間の使用ですが消費電力が大きいため、平日・日中(9時~20時)を避けて使うことで節電になります。

その他

電力使用状況は、実際の時間とタイムラグがあるようですが。

情報は最新のものを更新していますが、電力会社の発表とタイムラグがある場合があります。

ページの先頭へ