トップ > 今夏やるべき節電 > 「ダイエットと節電」

今夏やるべき節電

一般財団法人省エネルギーセンター家庭省エネ・人材本部の早井佳世が教える今夏やるべき節電

一般財団法人省エネルギーセンター家庭省エネ・人材本部の早井佳世が教える今夏やるべき節電

2014年。この夏すべき節電を、
一般財団法人省エネルギーセンター 家庭省エネ・人材本部 早井佳世さんがお伝えします。

1. ダイエットと節電

2011年の東日本大震災以降、電力需要がピークとなる夏・冬の節電の必要性がクローズアップされ続けています。でも、具体的にどうやって節電したらよいのでしょうか?
今夏、家庭で求められている節電期間は、7/1から9/30まで(お盆8/13-15を除く)の平日、9時から20時の間です。電気は貯蔵することができず、需要に合わせて発電しています。仮に需要と供給のバランスが崩れたら予測不可能な停電が起こります。そのため需要がピークとなる時間帯にエネルギーの使用量を減らす必要があるのです。



夏の電力需要のピーク時間帯は、13時から16時頃までです。この時間帯はオフィス・工場・商店等において冷房を中心に需要が増加するため、家庭においても電力の削減が求められるのです。

一般的に電気を熱に変える製品のほうが消費電力が多くなります。機器毎の消費電力を把握することが重要です、機器毎の消費電力については下図を参考にしてください。これらの機器は比較的短時間使用のものが多いですが使用時の消費電力が大きいため、例えばアイロンや衣類乾燥機の使用は昼の時間帯を避け、朝や夜にずらす、電子レンジやジャー炊飯器の使用は控えるなどの工夫が必要となります。



節電はある意味、ダイエットと似ています。ダイエットをするためには、体重計に乗ったり体脂肪を測ったりして現状を知り、改善方法を模索します。無理のない範囲での自分に合った努力の積み重ねが、最終的にダイエットの成功(長続き)に繋がるわけです。節電対策も同じです。節電のためには、実態を把握し該当時間帯は節電対策メニューの中から自宅の状況に合わせてライフスタイルを見直し、消費電力(kW)を少なくする工夫をすることが大事です。



次回は、具体的な節電方法について考えてみることにします。



図はクリックすると拡大します




戻る

早井佳世 プロフィール

一般財団法人 省エネルギーセンター
家庭省エネ・人材本部 家庭・人材総括部兼人材育成事業部 課長

民生部門における海外の省エネ施策調査、各種省エネ関連実態調査等を担当後、トップランナー制度・ラベリング関連の普及広報に10年以上従事。
国内外のシンポジウム、会議、人材研修において、日本における機器の省エネ対策プレゼン多数。
「すまいと電化」(日本工業出版)、「生産と電気」(日本電気協会)等において、家庭の省エネについて寄稿。
民生部門の省エネ政策について学会発表あり。
エネルギー・資源学会、日本エネルギー学会会員

ページの先頭へ