トップ > 事業者向けトップ > 今夏やるべき節電 > 仕事を効率化すれば節電になりますが ―今求められている節電とは―

今夏やるべき節電

一般財団法人省エネルギーセンター診断指導部 部長久米伸一氏が教える今夏やるべき節電

一般財団法人省エネルギーセンター診断指導部 部長久米伸一氏が教える今夏やるべき節電

2014年。この夏すべき節電を、
一般財団法人省エネルギーセンター 産業省エネ推進・技術本部 久米伸一氏がお伝えします。

1. 仕事を効率化すれば節電になりますが  ― 今求められている節電とは ―

事務所で使用する電力の大部分を占める空調、照明、パソコンの電力使用量はほぼ勤務時間に比例して増加します。このため、例えば会議を効率的に実施する等、短い時間で仕事を進められれば残業時間が削減され、コスト削減と同時に省エネにもなります。
しかし、今求められている節電は少し違います。今夏、7月1日から9月30日までの平日9:00 から20:00までの時間の節電を求められています。今夏は原子力発電所の停止等により電力需給が厳しい見込みとなっており、電力需要の高い時間帯での節電を政府が呼びかけています。それに対応して次の対策が必要です。



①日常的な節電

照明の間引き、空調の設定温度を28℃にする等の日常的な節電対策を実施してください。
ただし、空調の場合、室温を上げた結果、蒸し暑いからと言って湿度を下げた運転をするとかえって増エネになってしまうことがあります。それに比べれば設定温度を上げずに湿度を上げた運転の方が省エネで快適だったりします。湿度も考慮した設定が大切です。



②緊急の場合の節電

電力需給のひっ迫が予想される場合には、政府は、「需給ひっ迫警報」を発出しますので、その場合には会議室の使用中止(空調、照明の停止)等さらに踏み込んだ節電が必要になります。
実際の電力使用量は下図のようになります。その電力会社の管内の最大需要電力がピーク時供給力を超えないようにすることが必要です。そのため①の対策を普段から実施した上で、需要がピーク時供給力に近づき電力需給のひっ迫が予想される場合には②の対策が必要になります。一般に夏は、空調の消費電力が大きいため、一日で気温が最も高くなる14時頃が電力使用のピークになります。この時間帯の節電が特に重要です。



図はクリックすると拡大します




戻る

久米伸一 プロフィール

一般財団法人 省エネルギーセンター
産業省エネ推進・技術本部 調査業務部長

省エネルギー診断を担当し、2012年からは節電診断も開始した。
Jクレジット制度等温室効果ガスの削減にも詳しい。
現在 工場・事業場におけるエネルギー管理状況の調査に従事。
省エネ、節電に関する講演多数
環境、リサイクルにも詳しい。
家庭では緑のカーテン(朝顔)を作っている。
エネルギー管理士、東京都温室効果ガス検証主任者

ページの先頭へ